スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヤング・プラハ演奏会雑感

国際音楽祭ヤング・プラハ創立20周年記念 ヤング・プラハ in 東京 ガラコンサート
~ オール・チェコ・プログラム ~

日時: 2011年1月22日(土) 18:00開演 (17:30開場)
    2011年1月23日(日) 14:00開演 (13:30開場)

会場: 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール

22日:
スメタナの「故郷より」は前半だけしか演奏されなかったが、これでは意味がなく、割愛すべきだった。ドゥシークのハープ・ソナタ(実質はソナチネ)も、後半の2つの楽章だけだったが、第1楽章(2分少々)を入れてもよかったのでは? 声楽ではチェコ語の発音、とくにpři, stří や, čと cの相違に細かい神経を使って欲しかった。前半では曲の省略が多く、演目をしぼって作品に集中すべきは、今後の課題となろう。

ペリカーンのギター作品は、レゾン・デートルが疑われるし、イルマルの曲もよく出来てはいるが、スペイン風でチェコ的な味がない。優れた奏者である鈴木氏にはぜひ次回、マーハの「クリスマス協奏曲」(第2楽章に“聖夜”の主題)を弾いてもらいたい。ヤナーチェクの「ピアノ・ソナタ」では、4音モチーフの怒りが伝わって来なかった。

マルチヌーの「スロヴァキア民謡主題による変奏曲」(チェロとピアノ)と、ヤナーチェクの「青春」は呼吸が合っていてよかったし、とくにマルチヌーの「キッチン・レビュー」は、ピアノのリズム感がよく、1920年代パリの雰囲気を十分に醸し出し、掉尾を飾るに相応しい名演だった。

23日:
少女合唱団によるマーハの無伴奏合唱曲集と、ヤナーチェクの「民俗夜曲」は、清純な乙女たちの澄んだ声が魅力で好感が持て、高峰エヴァさんのチェコ語指導の成果が十分に出ていた。しかし後者の各曲冒頭1小節を歌うソロの子たちは緊張してか、練習の成果が出ていなかった。また原曲にはないクラリネット、ホルン、マリンバ(シロフォン)を伴奏に入れたのは、蛇足以外の何物でもない。コンサート半ばにアンコール用のようなヴァイオリン小品が幾つか演奏されたが、2つの楽章しかとり上げられなかった「ドゥムキ」にしぼってもよかった。後半のヤナーチェクの弦楽四重奏曲1番は、むしろマルチヌー晩年の弦楽四重奏の方が、変化があって好かったのでは? 最後のコンチェルティーノは、ピアニストの熱演で曲が締まり、拍手喝采を浴びていたのも頷ける。

以上、さまざまな苦言を呈したが、20年間、地道に活動を続けてきた、発起人の中島氏には、ただただ頭が下がるばかりだ。今後のさらなる活躍を期待する次第である。

スポンサーサイト
[ 2011/01/26 20:56 ] レヴュー | TB(-) | CM(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。