スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジュスキント Hanuš(Jan) Walter Süsskind(1913~80)

ジュスキント
プラハ生のピアニスト、作曲家、指揮者。 ドイツ系作曲家フィンケFidelio Friedrich Finke(1891~1968)に個人教授を受けるかたわら、1927~31年の間プラハ音楽院でピアノをヴェセリーRoman Veselý(1879~1933)、1931~ 34年の間マスタークラスでホフマイスターKarel Hoffmeister(1868~1952)にピアノを学び、同時に作曲をスークやハーバKarel Hába(1898~1972、アロイスの弟)の講義にも出席、チェンバロ演奏にも秀でており、シューマンのピアノ協奏曲で卒業した。さらにドイツ音楽アカデミーでセルに指揮を学んだ。

1931年には、ピアニスト、作曲家としてプラハのモーツァルテウム*に登場。

1934年にはプラハの新ドイツ(のちのスメタナ、現国立オペラ)劇場で、セルの助手となり「ラ・トラヴィタータ」で指揮者としてデビューした。

1930年代はフュルンベルクLouis Fürnbergと「左翼からのエコーEcho von links」集団、チェコスロヴァキア労働者素人劇団DDOČ, Svaz dělnických divadelních ochotníků Českoslovanska を結成、雑誌Rytmusの編集に参画していた。プシートムノストPřítomnostやマーネスMánesなどプラハの現代音楽協会や、外国でもシュルホフらと、現代音楽とくにヤナーチェク作品の紹介に努め、1935年プラハで開催された第13回国際現代音楽祭で9月2日「4つの歌」(ソプラノ、弦楽四重奏伴奏)が演奏された。フロウニョヴァーMarie Hlouňová(1912~2006)、ホリツKarel Horitz(?~?)と組んだ、チェコ・トリオのピアニストとしても1933年から37年まで活躍し、最後は1938年5月7日の現代ピアノ作品の演奏会に登場した。

1938年にナチスの圧力下に新ドイツ歌劇場が閉鎖されたため、イギリスへ渡ってからも、このチェコ・トリオの一員として1942年まで活躍。 1941年から指揮活動をはじめ、1943年から1945年までカール・ローザ・オペラ・カンパニーの指揮者を務め、1945年にリヴァプール・フィルを指揮していた。

戦後1946年から1952年まではスコットランド国立オーケストラ の音楽監督、1953年から2年間メルボルンのヴィクトリア交響楽団の指揮者として、極東やアメリカへの演奏旅行を行った。

1956年から65年まではトロント交響楽団の首席指揮者となり、2年後にカナダ・ユース・オーケストラを結成した。9年の在任中レパートリーを広げ、カナダではじめてブルックナーやマーラーの交響曲を紹介し、1964年の第19回“プラハの春音楽祭”では、6月2日にプラハ交響楽団を指揮(演目は別掲)、1962年から68年にかけアスペン音楽祭を主催した。

1968年から75年までセントルイス交響楽団の音楽監督を務め、この間「わが祖国」やドヴォジャークのピアノ協奏曲(独奏者フィルクシュニー)を含む200を超えるレコーディングを行い、1869年にはミシシッピ川音楽祭を主催、1968年から75年まで南イリノイ大学で教鞭をとっていた。

その後1978年から没年までシンシナティ交響楽団の首席指揮者を務め、カリフォルニア州バークレーで他界した。
ヤナーチェク、バルトーク、ファリャらについての著作もある。

主要作品:
パッサカリア(ティンパニと管楽オーケストラ)
ファンタジエッタop.1,
ピアノと弦楽四重奏の前奏曲(1936)
ヴァイオリンピアノの対位法的パルティータ(1936)
四分音ピアノの「軽い組曲Lehká suita」(1936)
6分音チェロ独奏曲の小組曲(1937)
児童合唱、朗誦と弦楽四重奏の室内カンタータ「われら何者Jací jsme」(1933)
児童合唱のカンタータ、Fl. Cl. Fg .伴奏(1936)
10のスロヴァーツコ地方の歌、
Ogden Nashの詩による歌曲集(テノール、室内オーケストラ)

*注:モーツァルテウム:ユングマン通748- 30番、1912/ 13年の間にプラハの音楽出版者M・ウルバーネクのために建築家J・コチェラが建てたもの。内部には文化活動用のホールがあり、E・デスティノヴァーやルービンシュタインもここに登場した。1930年代にはE・F・ブリアンのD劇場がここで活動していた。戦後数十年間はスプラフォン社の録音スタジオとして機能していた。1989年に元の所有主に返還され、ホール内にJ・シュヴェストカの画廊ができた。

スポンサーサイト
[ 2010/08/15 07:01 ] 音楽解説(チェコ音楽) | TB(-) | CM(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。