スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ブロウチェク氏の旅」観劇雑感

●東京交響楽団 第573回 定期演奏会
ヤナーチェク:オペラ「ブロウチェク氏の旅行」
2009年12月6(日) 18:00  サントリーホール

指揮=飯森範親
演出=マルティン・オタヴァ

ブロウチェク: ヤン・ヴァツィーク(Ten)
マザル/青空の化身/ペツシーク:ヤロミール・ノヴォトニー(Ten)
マーリンカ/エーテル姫/クンカ:マリア・ハーン(Sop)
堂守/月の化身/ドムシーク:ロマン・ヴォツェル(B.Br.)
ヴュルフル/魔光大王/役人:ズデネェク・プレフ(Bass)
詩人/雲の化身/スヴァトプルク・チェフ/ヴァチェク:イジー・クビーク(Br)
作曲家/竪琴弾き/金細工師ミロスラフ:高橋 淳(Ten)
画家/虹の化身/孔雀のヴォイタ:羽山晃生(Ten)
ボーイ/神童/大学生:鵜木絵里(Sop)
ケドルタ:押見朋子(Alt)

ヤナーチェク:オペラ『ブロウチェク氏の旅行』
第1部 ブロウチェク氏の月への旅
第2部 ブロウチェク氏の15世紀への旅
(日本初演、セミ・ステージ形式、チェコ語上演、字幕付)



2009年12月6日18時からサントリー・ホールで、演奏会形式ながら「ブロウチェク」の日本初演を観た。
まずは飯盛指揮のオーケストラは、ヤナーチェクの音楽を適格に捕らえており、とくに弦がよかった。合唱は、指揮者でもあるキューネルの原語指導が当を得て、十分に役割を果たしていたが、発音に神経を使い過ぎたせいか、ややダイナミズムに欠けていた。

ソリストではブロウチェク役のヴァツィークと、エテレア役のマリア・ハーンが、ずば抜けた力量を発揮していた。このオペラでは、第1部のエテレアのいくつかのアリアが、重要な核となっているが、彼女は見事その期待に応えていた。巨漢揃いのチェコ人歌手に比べ、日本人ソリストの力量は、明らかに見劣りしていたが仕方あるまい。

オタヴァの演出は、スクリーンに夜のプラハ城を浮き立たせ、空には満月と星をちりばめ、聖ヴィート大聖堂、ヴィカールカ小路を投影していた。月世界での背景は火星のようで、その空間を時折、小さなペガサスがよぎる。月の住人はすべて白装束で、オリンピック表彰台さながら3つ置かれた台上に、エテレアを中心に3人が立った場面はすばらしい。

第2部冒頭スクリーンに、原作者チェフの読書姿を写し出していたが、もっと幻想的なものにして欲しかった。第2部の背景には、ティーン教会はじめ、プラハ城、旧市街広場、フス戦争の絵、カレル橋、旧登城段々坂などが投影されていた。

 演奏会形式のため、月世界での幻想的な場面の表出が不十分で、第2部第1幕フィナーレで、武装した民衆がティーン教会へ入ってゆく、オルガンを伴う荘厳な場面や、第2幕の場面転換後、彼らが凱旋してくる場面などがないのが残念(アイーダの凱旋行進曲の場面を想像してほしい)。

このオペラは、とくに第2部では、歴史的背景が解っていないと難解である。今回の字幕作者がオペラの内容を十分に把握していたとは、とても思えず、観客にはほとんど理解できなかったと思う。とくに学生を交えた宗教問答の場面は支離滅裂! このあたりはむしろ言葉を追うのでなく、物語の説明でいいと思う。細かい点だが気になった言葉をあげてみる(カッコ内が正しい):

第1部:小間使(家政婦)、仇をうつ(仕返しする)、棺(長持)、
第2部:牢屋?、年寄の王(昔の王)、ダム(堰)、人間の皮みたい?、
病院の門(施療院の野の門)、棺桶(祭壇)はビールの樽、などなど・・

といううわけで、はじめてこのオペラを観た人は「何じゃこれは?」と思ったに違いない。だから本当にこのオペラや、ヤナーチェクを理解したい人には、ぜひ日本ヤナーチェク友の会編の解説や、台本対訳を読んで欲しい。

私がこのオペラをはじめて観たのは、作曲者没後60周年の1988年、ブルノ音楽祭の折ヤナーチェク劇場で、グレゴル指揮、シュトロスの演出。2度目は作曲者生誕150周年の2004年、同じ劇場で指揮はマッケラス、演出はネクヴァシルだった。この時は英語の字幕がついていたらしいが、席が最前列だったから、内容は確かめようがなかった。2回とも恒例通りプラハ国民劇場客演のすばらしい舞台だった。

客演歌手の経歴補足:
主役のヴァツィーク(プラハ生)は、プラハ音楽院でヴァイオリン、オーボエ、作曲を学び、歌唱は1985年ミュンヘンヘ移住してから。その後イタリアのC・ベルゴンツィにつき、さらにパルマで修行。1988年にR・シュトラウスの「ダナエの恋」のポルックス役でスカラ座にデビュー。サワリシュの勧めで、1993年までバイエルン国立オペラ団員を勤めた。その後、世界各地の劇場に招かれている。プラハ国民劇場の常時客演歌手で、今やチェコ・オペラには欠かせないベテラン歌手であり、2004年ブルノ音楽祭では、「運命」の作曲家ジヴニー役と「ブロウチェク」を歌い、2007年のロンドンでのCD録音でも、「ブロウチェク」役を担当していた。

ドムシーク役のヴォツェル(1964年プラハ生)は、2004年のブルノでこの役を歌っていた。

魔光大王役のプレヒ(1977年ブルノ生)は、オロモウツのモラヴィア劇場を経て、2000年にブルノ・オペラ入りし、2004年からプラハ国民劇場のソリストとなり、2007年のロンドン録音でも同じ役を歌っていた。

詩人役のクビーク(1955年、北モラヴィアの国境クルノフ生)は、オパヴァ、オストラヴァ劇場を経て、1986年からプラハ国民劇場に客演。来日公演では、「フィガロの結婚」の伯爵(1995年)、「死の家」のシシコフ役(2003年)、「マクロプロス」のプルス役(2006年)で出ていた。

青空の化身役のノヴォトニー(1961年ブルノ生)の来日公演歴は記憶にない。
エテレア役のマリア・ハーン・コビェルスカMaria Kobielska(東スロヴァキアのコシツェ生)は、ブラチスラヴァ高等音楽院卒業後、オロモウツのモラヴィア劇場、1996年からのプラハ国立Státníオペラ劇場を経て、2002/ 03年からプラハ国民Národní劇場のソリストとなり、今やチェコでは人気絶頂のソプラノ歌手で、2007年のロンドンでのCD録音でもエテレア役を歌っており、2003年の来日公演では「アイーダ」の“巫女の長”役で登場していた。

今回は来日しなかったが、彼女のご主人リハルト・ハーン(1949年コシツェ生)も、今やチェコ・オペラ界でトップに立つバリトン歌手で、来日公演ではドンジョヴァンニ(1995年)、スカルピア(1997年)、エスカミリオ(1999年)、2003年にはアモナスロと、「死の家」の主役ゴリャンチコフを歌っていた。
[ 2009/12/16 06:27 ] レヴュー | TB(-) | CM(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。